大阪QOLの会とは お知らせ 主な活動 世話人スタッフ紹介 コラム リンク アクセス お問い合わせ
2017.2.22 更新

 

 大阪QOLの会とは

 お知らせ new

 主な活動

 世話人スタッフ紹介

 コラム

 リンク

 アクセス

 お問い合わせ

 

 

 年間スケジュール

 次回レクチャーのご案内

 過去のレクチャー

 

 

 アンケート結果【2009】

 

 

主な活動/lecture

 

次回定例会のご案内 (終了しました) 
 

   定例会 『第94回 大阪QOLの会』 

日時
2017年 2月4日 (第1土曜日 
テーマ

「乳がんと免疫」

場所
大阪府済生会中津病院 南棟 2階講堂 (地図
スケジュール
午後 2時〜3時
【患者会】

大阪QOLの会の世話人がなかに入り、皆様といっしょに不安や悩みを相談したり話し合うひとときを持ちましよう。ご家族の方もいっしょに参加できます。また、ご家族のみの参加もOKです。

乳がん治療やがん医療に携わる医療世話人看護師がグループの中に入ります。
患者世話人とともに普段の生活や治療の不安など医師には尋ねにくい問題などを相談することができます。

 

午後 3時〜

講演会

「乳がんと免疫」

講師: 古谷義彦 先生
     大阪府済生会中津病院  乳腺外科

     

※乳がん患者さんのための講演です。
入場は「乳がん患者さんとそのご家族(同伴の友人は可)」に限らせていただきます。男性おひとりでの参加もご遠慮ください。
患者様・ご家族以外の方は入場をお断りする場合があります


午後 4時〜

【質問コーナー】

参加者からの質問に直接答えます。
会場入り口に質問用紙も用意しています。

 

 

古谷 義彦 先生(済生会中津病院 乳腺外科)

(ご報告と感想)

当日は比較的暖かな冬の一日となり、

多くの方が足を運んでくださいました。

 

今回はテーマ「癌免疫の最近の知見 ストレスとの関係」、

古谷義彦先生による講演です。

 

まずは体内には免疫系の細胞があり

その種類、異物排除などの働きとしくみ、

また、この免疫細胞の働きを阻害する物質についてなど

新しい情報を含め詳しく熱心にご説明していただきました。

(余談ですが、自分にとって高度な内容となるか所は

後で読み返すのに当日配布の資料が役立ちます。)

 

中でも興味深かったのは本講演の要でもある

「乳がんとストレスと免疫」についてのお話です。

 

体内にはストレス誘導遺伝子・ATF3遺伝子があり

私たちに持続的にストレスがかかると(=キラーストレスと言われる)

このATF3遺伝子のスイッチが入る。すると免疫細胞は減少したり、

がん細胞を攻撃する働きを止めたりするらしい。

 

乳がんとこの遺伝子の関係を調べたところ(Dr.Hai<米国>による)、

ATF3遺伝子の発現率が低い人の方が予後が良いという

結果が出たということです。

 

このATF3遺伝子のスイッチは一時的に入ってもまた切れます。

ではスイッチを切る方法は?

原因となる持続的ストレスをなくすこと。

具体的には例えば、体幹ストレッチ、ヨガ、太極拳、腹式呼吸。

気分転換のために瞑想、パズル、おしゃべりなどが有効だそうです。

古谷先生ならではのおすすめは「難しい本」!

(眠くなりますものね・・・z z z)

普段ちょっと気をつけて、自分に合うことからやっていきたいですね。


 

身体と心を整えることは、がんに限らす、

健やかに過ごすためのカギなんだな・・・と感じました。

 

患者ボランティア uenaka

 

 

(患者会のご報告と感想)

2017年2月4日に行われた患者会は、

穏やかな気候に恵まれて
43名(内、初参加16名)と、多くの方々に参加して頂きました。

5つのグループに分かれ、
そこに私たち患者世話人が加わって
約1時間のグループトークを行いました。

今回は、初参加の方が多く

・化学療法を控えているが、副作用が心配

・化学療法が終わり、

 発毛してきたが元の髪質に戻っていないのに悩んでいる

・幼い子供に術後の胸を見せられない

・子供へ母親が乳がんだと伝えるタイミングがむつかしい

・今後の乳房再建の準備について

など、

手術前後の不安について、皆で話し合い

すでに手術や化学療法を終えて数年を経過している方々が

様々なアドバイスをしてくださいました。

今回は、参加して頂いた方より

「一人で悩んでいたが、

同病の方の体験を聞くことができて安心できた」

との感想を伺いました。

また、質問コーナーでは

リンパ浮腫の予防やケアの方法、

イソフラボンなどのサプリの服用についての疑問などに

医療世話人の先生方が丁寧に答えて下さいました。

患者会ではこのように、

毎回、患者グループで悩みや体験談をお話しする機会や

医療世話人の先生方への質問コーナーを設けております。

若い世代の方、

これから治療を始められる方はもちろん、

治療が落ち着いて元気に過ごされている方にも、

ぜひ参加して頂きたいと思っています。

(担当:Oda)

 

次回の大阪QOLの会は 2017年4月8日(第2土曜日)です。

テーマ:「セカンドオピニオン外来から見えたもの」

講師 : 兵庫県立がんセンター 乳腺外科 高尾信太郎先生

 

 

 
©大阪QOLの会 ALL RIGHT RESERVED.