大阪QOLの会とは お知らせ 主な活動 世話人スタッフ紹介 コラム リンク アクセス お問い合わせ
2012/9/5 更新

 

 大阪QOLの会とは

 お知らせ new

 主な活動

 世話人スタッフ紹介

 コラム

 リンク

 アクセス

 お問い合わせ

 

 

 年間スケジュール

 次回レクチャーのご案内

 過去のレクチャー

 

 

 アンケート結果【2009】

 

 

主な活動/lecture

 

     第9回 なにわ乳がんを考える会(終了しました)

 

 

乳がんの手術法はどんどん新しくなっています。

乳房温存手術はもはや標準術式となり、さらに乳房再建術もかなり一般的になってきました。
また、センチネルリンパ節生検の割合も増え、新たにリンパ浮腫になる人もかなり減ってきました。
それでも術後の乳房の形や乳房を失ったことに悩む人、リンパ浮腫で困っている人、リンパ浮腫が心配な人も少なくないと思います。
そこで今回は、それぞれの治療の日本を代表するエキスパートの先生に一度お話を聞く贅沢な企画をいたしました。
大阪QOLの会の参加者はもちろん、ほかの病院や患者会に属している方でも特に制限はありません。 事前の予約も不要ですので、お気軽に参加ください(会費は500円です)

 

日時
2012年 8月18日   
場所

大阪国際会議場 10階 (1001・1002)

内容

13:30
会場

14:00
開会の挨拶
   済生会中津病院外科 古谷 義彦


14:05
教育講演  座長: 兵庫医療大学 看護部教授 鈴木 久美

「乳がん術後のリンパ浮腫予防〜日常生活における注意点を中心に〜」    
医療法人 リムズ徳島クリニック  上田 亨 先生  黒木 ゆかり先生


15:00 
特別講演    座長: 兵庫県立がんセンター 乳腺科 高尾 信太郎

「乳房再建の現状:今、できること、できないこと」
医療法人社団 ブレストサージャリークリニック 院長 岩平 佳子先生


16:25
閉会の挨拶
   西田クリニック 院長 西田 禎宏

 

詳しい案内は PDF をご覧ください

参加費
500円

第一部ではリンパ浮腫の起こる仕組みと簡単なリンパドレナージの方法を きれいな図解でわかりやすく説明していただきました。 私は普段から気をつけているつもりが、なぜかむくみの前兆を感じる時がありました。 「むくみは流さないといけないリンパ液の量とリンパ管が流せる能力の大小関係で決まる」そうです。 それには全身状態も影響するということを知り、原因を細かく詮索するより 正しいリンパドレナージを学んで実行するのが最も効果的だと思いました。 リンパ管の構造と流れる仕組みを教わったおかげでマッサージの順序や方向が理論的にわかりました。

第二部では講師の岩平先生がご自分で手掛けられた乳房再建手術の写真をたくさんご紹介くださいました。 左右対象の美しい胸をつくるための特別な道具や細かい技術をご説明くださるのを聞いて、 見た目だけではなく感触までにもこだわった美しい胸ができあがることに感動しました。 この春放送されたドラマ「クレオパトラな女たち」の医療監修を担当された岩平先生ですが、 その中で形成外科クリニックの院長役、余貴美子さんが 「人工物による乳房再建が保険適用になってエキスパンダーもちゃんとしたものが使われるようになっても、 正しい技術とマインドがなければきれいな胸をつくることはできません」と若い医師に伝えるシーンがあります。 これは岩平先生がおっしゃったことをそのまま脚本の中で使用した部分だそうです。 「ご本人のつくりたいという気持ち」に寄り添い情熱をそそぐ岩平先生の熱い思いが伝わる講演でした。

患者ボランティア 植田

 

 

 

 

 

 

 

 

 
©大阪QOLの会 ALL RIGHT RESERVED.