12月の会(2014.12.13)のご報告/第83回『分科会』

投稿日:

日時 2014-12-13
場所 大阪府済生会中津病院 南棟 2階講堂
テーマ 『分科会』

宮下勝(医師)甲南病院乳腺内分泌外科
高尾信太郎(医師) 兵庫県立がんセンター 乳腺科
古谷義彦(医師) 大阪府済生会中津病院 乳腺外科
脇田和幸(医師) 茶屋町ブレストクリニック
椎野育恵(看護師) 淀川キリスト病院
辻サオリ(看護師)神戸大学医学部附属病院看護部

第83回大阪QOLの会 報告と感想

2014年12月13日の患者会は、今年度を締めくくる「分科会」でした。

 

前半は、4つのグループに分かれ、

そこに私たち患者世話人と看護師が加わって

約1時間のグループトークを行いました。

乳がんに罹患した時の家族間のコミュニケーションの取り方、

臨床試験とはどういうものか、

再建のお話、

術後の検査における精神的な不安、

リンパ浮腫の改善法、

ホルモン療法中の体重増加とダイエットについて

などを参加者同士で話し合い、いろいろなお話やご意見を伺いました。

 

後半は、医師や看護師がグループに加わっての「分科会」。

39 人(内、初参加 10 人)の参加者が、

・甲南病院、宮下勝先生 「ホルモン治療について」。

・兵庫がんセンター、高尾信太郎先生 「術後の検査について」。

・済生会中津病院、古谷義彦先生 「再発治療について」。

・茶屋町ブレストクリニック、脇田和幸先生 「遺伝性乳がんについて」。

・辻サオリ看護師 「外見ケア」

・椎野恭子看護師 「医師とのコミュニケーションについて」

の6グループに分かれて

それぞれグループのテーマに沿って

日頃から不安に思う事、気になっていることなどを話し合い、

先生方から様々なアドバイスを頂きました。

 

参加者の方より、

「先生方と直接お話が出来たので、今まで疑問に思ってきたことが理解できた」

「ずっと不安に感じていたことが解消できた」

との感想を頂きました。

 

2015年もこのような機会を設けることが出来ればと思っていますので

これから治療を始められる方はもちろん、治療が落ち着いて元気に過ごされている方にも

是非参加して頂きたいと思っています。

 

(担当:oda)

-

kbcog

講演者検索

講演内容検索

各会の報告を検索

過去の活動履歴(1999~2010)

 

各年度の記録

新しい記事はありません