第1回オンライン患者会(第109回大阪QOLの会)のご報告

投稿日:2021年1月17日 更新日:

日時 2020-12-05
場所 オンライン
参加人数 8人

第109回大阪QOLの会 患者会の報告と感想

一昨年12月、発足20周年を迎えました。
翌年にこんな事態が起こるなんて、想像もしていませんでした。
1回、2回と中止になり・・・
常に患者さんのQOL向上を応援したいと願う医療スタッフと、
患者会の存在で救われた患者ボランティアは、大変心を痛めました。

誰にも相談できずに悩んでいる方が、絶対にいらっしゃるはずだ。
感染の終息を待っているのではいけない!!!
それぞれが職業を持つ中、手探りでオンライン患者会を計画しました。
絶対に守るべきは、参加される方のプライバシー。そのためのセキュリティー。

第1回オンライン患者会(2020年12月5日)
本人確認や画面上の名前など、個々に確認しながら招待するのに時間を要し、
10分遅れで開始となりました。

脇田先生の講義では、最新の乳がん医療を学びました。

1、コロナ禍での、乳がん学会ガイドライン

2、インプラント再建の事

3、遺伝性乳がんの保険適応

4、2020年に承認された薬

いつもの患者会と異なり、関東地方からの参加者もおられました。
グループワークは参加者8名、患者会スタッフ6名を2グループに分けて行いました。
和気あいあい。共有する悩みを持つ人と久しぶりに話ができた安心感。
あっという間に20分間が過ぎました。

皆様の笑顔を拝見し、たった8名でしたが開催できてよかった。
安堵感に包まれたと同時に、次への意欲がわきました。
ワクワクしすぎて、長い感想になったことをお許しください。

普段の患者会ほど大人数は招待できないでしょうが、
少しずつ進化していきますので、皆様、楽しみにお待ちください。

eiko

-

kbcog

過去の活動履歴(1999~2010)

 

講演者検索

講演内容検索

各会の報告を検索

各年度の記録

新しい記事はありません