第9回オンライン患者会 (第117回大阪QOLの会)ご報告

投稿日:

日時 2022-06-04
場所 オンライン
参加人数 8人

第117回大阪QOLの会 患者会の報告と感想

zoomの使用経験があっても患者会ってどんなの?と思われている方もいらっしゃるのかと思いますが、

zoom開催で遠方からのご参加の方もあり、生活や食事についてまで活発にお話しすることができました。

 

ミニ講演会では「内分泌療法(ホルモン療法)」の講演を

甲南医療センター 副部長 髙尾 信太郎先生にいただきました。

I剤5年or10年での比較の結果や、転移再発乳がんのホルモン療法では

7-10ヶ月でホルモン剤への抵抗性が現れることがわかってきたこと、

 

また、ホルモン抵抗性の転移再発乳がんでも、

がんが増殖する色んな分子がかかわっていることから

分子標的療法が明らかになり、m-TOR阻害剤やCDK4/6阻害剤など

画期的な薬剤が承認されたことが図解で分かりやすく説明され、

使用する薬剤の様々な組み合わせにより、

治療の選択が可能になり、条件が合致することにより保険も適用され

より進んだ治療について知ることができました。

 

質疑応答では服用してる薬剤についてだけでなく、

zoomならではの患者会申込時に質問できる機会も設け

先生方に答えていただくこともできました。

 

zoomでの開催にも慣れてきましたが、以前と同じように対面もしたいですし、

一方、zoomなどネット通信の苦手な方にも、気軽にご参加いただける会になればと期待しています。

 

患者世話人Abe

-

関連記事

関連記事はありませんでした

kbcog

過去の活動履歴(1999~2010)

 

講演者検索

講演内容検索

各会の報告を検索

各年度の記録

新しい記事はありません