講演会(2013.4.13)のご報告/第75回『上手なストレス対処法』

投稿日:2018年1月13日 更新日:

日時 2013-04-13
場所 大阪府済生会中津病院 南棟 2階講堂
テーマ 『上手なストレス対処法』
講師 鈴木久美  大阪医科大学看護学部教授 

第75回大阪QOLの会 講演会の報告と感想

 2時からの患者会では、3つのグループに分かれてそれぞれのグループに看護師および患者ボランティア2人を交えて話し合いをしました。家族内乳がんの遺伝子検査、手術に対する心構え、リンパ浮腫の予防、そして20代から40代までに乳がんに罹患された患者さん同士のグループでは子育ての話題なども出ました。

 3時からの講演会は、鈴木先生のストレス対処法に関するお話でした。
鈴木先生のお話はとても具体的な内容で私自身も当てはまることが多々あり、とても興味深く聞かせていただきました。
特に、同じストレスを受けていても、個人の考え方や過去の経験によってストレス刺激による受け止め方のの違いからそれによるダメージの程度も変わってくるというストレスモデルのお話があり、ふむふむ確かにそうだなと納得しました。
ストレスにうまく対処するためには、自分自身をよく知ること、そして自分自身がストレスを受けやすい状況をよく知ってそれに対する対処のパターンを何個か考えておくということはとても有効だとおもいました。
それに加え、気持ちを楽にする方法として、つらい気持ちを一人で抱え込まない、心を許せる人に気持ちを打ち明けるということが、つらい気持ちを自分から切り離す作用があるということもおっしゃっていました。
そして上手にサポートを活用する方法やがんと取り組むためのガイドライン11項目も教えていただきました。

患者ボランティア 

-

kbcog

講演者検索

講演内容検索

各会の報告を検索

過去の活動履歴(1999~2010)

 

各年度の記録

新しい記事はありません