第11回オンライン患者会 (第119回大阪QOLの会)ご報告

投稿日:

日時 2022-10-01
場所 オンライン
参加人数 9人

第11回大阪QOLの会 患者会の報告と感想

11回目となるzoomでのオンライン患者会、

今回は30代~60代まで幅広い年代の9名の方が参加してくださり、

9人のうち7人が初参加でした。

 

ミニ講演会では、

大阪QOLの会の医療世話人の椎野育恵先生が

「がん治療と仕事を両立するためのコツ」

というテーマで講演をしてくださいました。

乳がんの診断を受けても治療をしながらでも仕事を続けていらっしゃる方がたくさんおられ、でもその中でも一度は休職や退職をした方が6割弱いらっしゃるとのデータをみて、がんの宣告や治療をめぐる精神的身体的ダメージの上に社会的な問題にも対処していかないといけない働く世代の大変さを実感しました。

ご講演の中では、まさに治療と仕事を両立するためのコツをQ&Aの形式で具体例を交えお話してくださいました。

例えば、
治療をしながら仕事を続けられるのかどうか、
病気のことを誰にどのように伝えたらいいのか、
家計をささえるための制度のこと、
復職するためにどのように準備をしていけばよいのか、
周りの人からの気遣いに対してどう行動するとよいのか、
長期にわたり治療が続いているのに見た目の変化がなく理解されにくいことに対してどのように考え行動する方法があるのか、
等々、大変為になるお話でした。

仕事をしながら病気と闘っておられる自分以外の方々の生活を想像でき、また、いろいろな不安に対する対処の仕方や気持ちの持ち方を示してくださった今回のご講演は、

私だけじゃないんだ、私もがんばれるかも、と思えたり、
選択肢が広がると思えたりする内容でした。

長期間にわたる闘病に加え日々懸命に生活されている働く世代の方々へのエールになったに違いありません。

仕事だけでなく、人生はどの時点においてもいろいろな問題があると思います。どのようなことでも対応方法を事前に知っておくということが不安の軽減や前向きでいれることにつながるのかもと、そう思えるとても素晴らしいご講演でした。

 

患者世話人 Ishii

-

関連記事

関連記事はありませんでした

kbcog

過去の活動履歴(1999~2010)

 

「講演者」から過去の講演会内容報告を検索してみてください!

「キーワード」から過去の講演会内容報告を検索できます!

過去の患者会や講演会の報告を検索できます!

各年度の会の報告記録

新しい記事はありません