講演会(2011.4.9)のご報告/第65回『乳がん診療の最新事情』

投稿日:2017年12月30日 更新日:

日時 2011-04-09
場所 大阪府済生会中津病院 南棟 2階講堂
テーマ 『乳がん診療の最新事情』
講師

第65回大阪QOLの会 講演会の報告と感想

4 月の定例の講演会は、「乳がん診療の最新事情」というテーマで、高尾信太郎先生がお話してくださいました。テーマの通り、再発乳がんの新しい治療薬や 4 月中に製造販売承認取得予定の薬剤に関する最新情報を学ぶことができました。また、病理結果に基づいた薬剤の選択方法についてもわかりやすくお話いただきました。高尾先生のお話のなかで特に印象に残っていることは、「がんは友人と治す、家族と癒す、生還者に学ぶ」という言葉です。乳がん医療は日々進歩し、多くの新薬が開発されて、たくさんの患者さんの命が助かっています。しかし、効果のある新薬が開発されても、乳がんによって傷ついた心と体は、新薬だけで治すことは難しいでしょう。家族や友人、がん体験者、信頼できる医療者と分かち合い、共に学び合うことにより、患者さんの傷ついた心身は癒えるのだと、この言葉から受け取りました。
医療者世話人 鈴木

-

kbcog

講演者検索

講演内容検索

各会の報告を検索

過去の活動履歴(1999~2010)

 

各年度の記録

新しい記事はありません